izumihudousan2007’s blog 山形、庄内の日帰りグルメ

普段は不動産会社、休日の日帰りドライブや、山形の美味しいものの紹介です。

道の駅「しゃりん」


f:id:izumihudousan2007:20171124070125j:image

昨日は鶴岡市温海町にある道の駅「しゃりん」へ。

早磯ドライブインというお食事処。

朝7時から営業しています。
f:id:izumihudousan2007:20171124070425j:image

地物の魚を使ったメニューから、

庄内豚の焼き肉定食、ラーメンもあります。

昨日の焼き魚定食はかれいとぶりでした。

写真は二色丼。
f:id:izumihudousan2007:20171124070602j:image

ブリとノドグロの二色盛りです。

1000円です。

アラ汁と温海カブの漬け物も添えられています。

ノドグロ入りの丼が食べられるのはとても嬉しいこと。

中トロのようななめらかな味わいです。
f:id:izumihudousan2007:20171124070822j:image

こちらはもつ煮定食。

もずくの小鉢がついています。

アラ汁はダシが効いて美味しいです。

今度は20食限定の海鮮丼にチャレンジしたいです。

川口納豆

国産大豆「川口納豆」中粒
f:id:izumihudousan2007:20171123105122j:image

こちらは、大分前に仙台駅前で購入したもの。

村松博士製法」で作られたもの。

おそらくですが、川口納豆さんの昔ながらの定番商品なんでしょう。

タレもからしも付いていない古くからあるパッケージです。


f:id:izumihudousan2007:20171123105529j:image

製法の説明や
f:id:izumihudousan2007:20171123105635j:image

震災以降の納豆プロジェクトについての説明が書いてあります。
f:id:izumihudousan2007:20171123105739j:image

川口納豆さんの商品も
f:id:izumihudousan2007:20171123105810j:image

この紙のパッケージは通気性にも優れまんべんなく発酵もするそうです。
f:id:izumihudousan2007:20171123105935j:image

中を開けると
f:id:izumihudousan2007:20171123110007j:image

紙のパッケージにそのまま包まれていました。

粘り気があるいい納豆です。
f:id:izumihudousan2007:20171123120116j:image

お醤油をかけていただきます。

シンプルな基本の納豆。

大豆も噛みご耐えがあって、いい納豆です。

 

飛び魚ダシ「飛来ラーメン」


f:id:izumihudousan2007:20171120070326j:image

酒田市広野のとび魚ダシ「飛来ラーメン」に来ました。

営業時間が短いため

なかなか行けませんでした。

昨日は寒気のため雪がパラパラ降っていて

温かいラーメンが食べたくなりました。


f:id:izumihudousan2007:20171120070614j:image

メニューは中華そばと肉そば(チャーシュー麺)です。

麺の増量が無料で有名なお店です。

そのほか辛味噌やバラノリなどのトッピングもあります。

食券を買ってカウンター席で待ちます。


f:id:izumihudousan2007:20171120070845j:image

醤油ダレとコショウ、七味が置いてあります。

私は初めてなので1.5玉の大盛に太麺で。

相方は肉そば普通盛りで。


f:id:izumihudousan2007:20171120071037j:image

店内のメニュー。


f:id:izumihudousan2007:20171120071107j:image

食券売り場。


f:id:izumihudousan2007:20171120071138j:image

大盛、太麺来ました。

麺は思っているより太く固めで

麺好きにはいいのでしょう。

常連さんらしき人は水色の大きな丼で食べています。

どれだけの増量をしたのでしょうか。


f:id:izumihudousan2007:20171120071323j:image

こちらは肉そば。

ちょっと物足りない味付けと感じて

醤油ダレをかけていただきました。

大盛でお腹いっぱいです。

外が寒いのでもっと熱々のスープだと嬉しかったです。

 

猫の毛


f:id:izumihudousan2007:20171120065217j:image

長毛のレオと短毛のラナ。

レオは夏にけっこう短くカットしていたのですが

寒くなってきて、気持ち伸びてきたようです。


f:id:izumihudousan2007:20171120065422j:image

そのおかげでボサボサです。


f:id:izumihudousan2007:20171120065458j:image

ココも短毛ですが、


f:id:izumihudousan2007:20171120065523j:image

草をよく食べます。

最近の猫達のベストショット(?)

をいくつか並べます。


f:id:izumihudousan2007:20171120065730j:image

コタツの中のココ


f:id:izumihudousan2007:20171120065757j:image

台所で水を飲み終わったレオ


f:id:izumihudousan2007:20171120065847j:image

遊んであげないとパソコンにふたをするラナ


f:id:izumihudousan2007:20171120070029j:image

レオとラナ。

雪割納豆


f:id:izumihudousan2007:20171118070110j:image

もう20年以上前からお土産屋さんでも

見かけていた「雪割納豆」。

初めて購入しました。


f:id:izumihudousan2007:20171118070251j:image

米沢市のゆきんこという会社で製造しているようです。

熟成の麹納豆。

食べ方もいくつか表記されています。


f:id:izumihudousan2007:20171118070422j:image

朝食にも夜のお酒にもあうそうです。


f:id:izumihudousan2007:20171118070538j:image

箱を開けると、しっかりとパックされた納豆が。

味付けも他の麹納豆と比べるとかなりしっかりとしています。

納豆と醤油の味の間ぐらいのしょっぱさです。

それでも納豆と麹のコクと深い味わいで

少量でもご飯一膳いけてしまいます。

ゆきんこという会社は昭和31年から販売されていた「雪割納豆」を承継して製造販売するために2014年にできた会社のようです。

http://yukinco.jp/

私が生まれる前からあった商品だったんですね。

長期間熟成して出来ているので塩辛いようです。

岩出山わら納豆

今朝は先日中尊寺に行ったときに購入した

岩出山納豆」わら、です。


f:id:izumihudousan2007:20171115064541j:image

道の駅で購入したので、お土産としての

わら納豆のパッケージだと思いましたが


f:id:izumihudousan2007:20171115064711j:image

わらで直巻の納豆でした。

よくある白いセロファンもありません。


f:id:izumihudousan2007:20171115064831j:image

百回まぜると美味しいこと。

わらに対して放射能の安全性。


f:id:izumihudousan2007:20171115064941j:image

納豆の取り出し方が丁寧に表示してあります。

「ミヤギシロメ」という品種の大豆で作られています。

説明通りに開けてみます。


f:id:izumihudousan2007:20171115065139j:image

お椀に取り出します。


f:id:izumihudousan2007:20171115065206j:image

少し深めのお椀です。


f:id:izumihudousan2007:20171115065235j:image

百回混ぜました。

混ぜている間も納豆からわらの匂いが広がります。

めんつゆをかけていただきます。

大粒の大豆の味がしっかり感じます。

やはり自然なわらの香りがします。

お土産用のパッケージではなく

本当のわら納豆を初めていただきました。

昔ながらの納豆ってこんな感じなんだろうと思います。

販売者 旨い納豆KWとなっていますので

製造は別のところです。

 

旧藤島町「ふれあい市場 屋台ラーメン」


f:id:izumihudousan2007:20171113064740j:image

鶴岡市に合併した旧藤島町のふれあい市場。

産直品の販売店と知っていましたが、

先週「藤の家」に行った時に見つけていたラーメンののぼり。


f:id:izumihudousan2007:20171113064923j:image

本日のランチはここのラーメンに決定。


f:id:izumihudousan2007:20171113065028j:image

メニューはそば、ラーメンと非常にシンプル。

大盛は100円追加です。


f:id:izumihudousan2007:20171113065134j:image

こだわりは麺と水。

店内では女性の方達で切り盛りしています。

テーブル席と座敷もあって、

すでにお客様でいっぱいです。

レジで注文してお金を払って、番号札を渡されて待ちます。


f:id:izumihudousan2007:20171113065432j:image


f:id:izumihudousan2007:20171113065444j:image

ラーメンの到着です。


f:id:izumihudousan2007:20171113065724j:image


f:id:izumihudousan2007:20171113065735j:image

これはラーメン大盛、800円。

見た目はシンプルです。

チャーシュー二枚とメンマ、ネギ、海苔がのっています。


f:id:izumihudousan2007:20171113065904j:image

こちらは普通盛り700円。

麺は厨房で揉んでいたので、いい具合に縮れています。

スープは雑味がなく最後まで飲み干せそうな

優しく、それでも飽きのこないスープ。

少し値段が高いような気がしますが

もう一度行きたくなるいいお店でした。